2015年09月04日

株式会社サンゲツ 新見本帳「サンウィンク 2015-2019」を9月2日に発表

色彩豊かなカラー、多様なスタイリングで
“窓辺を彩る楽しさ”を届けるメカタイプ窓装飾品見本帳

「サンウィンク 2015-2019」を9月2日に発表

book.jpg


 株式会社サンゲツは、ロールスクリーンやバーチカルブラインド、木製ブラインドなどメカタイプの窓まわり商品を一冊に収録した新見本帳「サンウィンク(Sanwinc) 2015-2019」を9月2日(水)に発表しました。
 同見本帳では、暮らしをより快適にする、豊富なデザインと機能を備えた商品の活用術や、窓まわりだけでなく空間全体を彩る壁紙や床材、カーテンとのコーディネートも提案しています。
住宅分野からオフィス、医療・福祉施設、教育、宿泊施設などの非住宅分野まで幅広く利用できる、101柄431点のラインアップです。


「サンウィンク 2015-2019」の特長
(1) 省エネ機能の充実と安心・安全への配慮
コントラクト物件やオフィスにも適した、高い遮熱・遮光性能で「省エネ」に役立つファブリックを新たに収録しました。また、関心の高まる安心・安全への配慮として、チェーンや長いコードを子どもの手に届かない位置で束ねておくための“コードクリップ”など、安全対策備品を商品に同梱。さらに、一部特殊商品を除きF☆☆☆☆規格を採用しています。
(2)トータルインテリアを扱うサンゲツならではのファブリック
光沢糸を織り込んだ上質感ある生地や、表裏で異なる雰囲気を楽しめるリバーシブル生地など、ファブリックの意匠性を追求。また、壁紙や床材、カーテンと色柄を合わせるなど、トータルコーディネートの幅を広げています。
さらに、光の陰影が美しいレーザーカットを施したスクリーンや経木カーテンなどの新商品も収録しています。
(3)“機能活用術”と“コーディネート”の新提案
見本帳巻頭には「How to use」を掲載。「省エネ」機能を持つタテ型ブラインドを活用したオフィスシーンや、お部屋の「間仕切り」としてのロールスクリーンの使用例など、暮らしのなかに上手に機能を採り入れる活用術を紹介。施工例写真も豊富に掲載し、壁面や床との空間全体のコーディネートを提案しています。

7919(1)-2.jpg

7919(1)-3.jpg

7919(1)-4.jpg

7919(1)-5.jpg

7919(1)-6.jpg



「サンウィンク 2015-2019」

発売日:平成27年9月2日(水)
収録点数:101柄431点
(新柄率 約66.8%)
収録商品:ロールスクリーン・レーザーカットスクリーン
タテ型ブラインド・プリーツスクリーン
すだれ調スクリーン・経木すだれ
木製ブラインド・特殊メカニック


お問い合わせ先
佐藤株式会社 TEL 092-461-0141
posted by 佐藤株式会社 at 10:10| 商材新着情報